HOME > LAFしなブログ

失敗を「失敗」と認める

2018年6月13日

誰もが、失敗したくないものです。

 

ですが・・・

「失敗」することで

次の改善点を把握することができます。

 

ある出来事について

良し悪しの判断をするためではなく、

「失敗と認める」ことが

その先どう展開するか?

どう展開したいのか?

考えることができるのです。

 

これは、

願いを手にするための一つの方法です。

 

「失敗」という表現でなくてもかまいません、

成功しなかった

達成しなかった

などでも良いでしょう。

 

見たくないモノは見ないという選択肢でもいいです。

 

願いを早く手にするためには

失敗と認識して、

次への改善点をみつけること。

 

そこを大切にして、失敗と仲良しになってみてくださいね。

▼ブログ&講座紹介▼
image