HOME > LAFしなブログ

文章の上手い下手の基準は?

2016年5月26日

文章が下手だからブログが書けないという方に多く出会います。
私は毎日ブログを書いていますが、自分の文章が上手いか下手かわかりません。

 

どんな文章を上手と言うのでしょうか?
宮沢賢治の文体?
夏目漱石?
芥川龍之介?
それとも最近の作家さん?

 

私の好きな作品は森鴎外の高瀬舟です。
でも、鴎外の他の作品は読みにくさを感じます。

 

作家になるためにブログを書いていません
私を知っていただくためです。

 

文章だけがんばってカッコつけても
実際に合って全然違ったらショックでしょ(笑)
いつも使ってる言葉でその時に思ったことを書いています。

 

上手く書こうというより、読んだ後に
「どんな気もちになってもらえたら嬉しいか?」
を考えて書いています。

 

ある程度書くと、自分のクセがわかります。
上手い下手を考える前に、
たくさん書いて自分のクセに気がついてから直せばいいと思うのです。

 

書くのも練習です
書くから練習になるのです。

 

書いちゃいましょ~!

▼ブログ&講座紹介▼
image