HOME > LAFしなブログ

書いて自分と対話する

2018年11月20日

私は心のバランスが乱れたとき

思考の混乱が起きたとき

いくつかの方法でバランスを取り戻します。

 

その中の一つが「書く」こと。

 

紙に書く、スマホにメモを残すなど、

思っていること、気がついたこと

欲求、モヤモヤ、ひっかかり

などを書きだしたら

 

「本当はどうしたいの?」

と問いかけます。

 

私は、認められたい

私は、ほめられたい

私は、すごいと言われたい

私は、がんばってる

私は、優位に立ちたい

私は、嫉妬している

私は、くやしい

私は、悲しんでいる

私は、くるしい

私は、愛されたい

私は、正しい

私は、正しいと言わせたい

私は、間違えない

私は、私は、私は、、、、

 

このように「私は」で書き続けます。

 

自分を主張し

自分をさらけ出します。

 

“文字”でみることで

そのままの自分を知ることができます。

 

“文字”でみることで

自分をそのまま認めやすくなります。

 

こんなとき、

カッコ良くてキラキラな言葉はでてきません。

 

欲求、欲望は黒々していて重たい感じがします。

 

それも

“文字”でみることで

受けとりやすくなります。

 

『今の私』

 

キラキラしてなくていい

カッコ良くなくていい

優しくなくていい

そのまま

今の自分。

 

そしてここから

また次の一歩を踏み出します。

 

黒々した重たいかたまりも一緒に。

私の大切な一部として、共に進みます。

 

これを繰り返すと

黒々した重たいかたまりは

小さくなったり

色が変わったりするでしょう。

それもその時によって違います。

 

自分の足で進むために

自分と向き合う方法として

参考にしてみてくださいね。

 

 

 

▼ブログ&講座紹介▼
image